×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

【吉祥寺 不眠】清和針灸接骨院 0422-27-2743

【吉祥寺 不眠】01
トップ メニュー ご予約 ご挨拶 お知らせ アクセス リンク
清和針灸接骨院トップページ → メニュー → 鍼灸治療について → 不眠について

吉祥寺で不眠なら清和針灸接骨院

不眠について

【不眠とは】

不眠とは、睡眠時間が短いことではありません。不眠とは、睡眠時間の長短に関わらず、翌朝目覚めた時に睡眠に対する不足感(寝不足感)が強く、肉体的あるいは精神的に社会生活を送るうえで支障があると自分自身が判断している状態をいいます。 したがって、たとえ睡眠時間が短くても、目覚めた時に寝不足感がなく、社会生活に支障を来していなければ不眠とはいわず、その人は単に、短時間睡眠者(ショートスリーパー)ということになります。 不眠と逆の過眠についても同様で、過眠とは、睡眠時間が長いことではありません。過眠とは、睡眠時間の長短に関わらず、不都合な時間帯に耐え難い眠気が生じたり、居眠りをしてしまい、肉体的あるいは精神的に社会生活を送るうえで支障があると自分自身が判断している状態をいいます。 したがって、不眠の場合と同じく、たとえ睡眠時間が長くても、社会生活に支障を来していなければ過眠とはいわず、その人は単に、長時間睡眠者(ロングスリーパー)ということになります。 不眠は、睡眠のメカニズムの障害によって起こるだけではありません。むしろ、覚醒のメカニズムの障害と睡眠覚醒の相互調節の障害が、不眠の本態と考えられています。 ちなみに、不眠に悩む人は、成人の3~5人に1人といわれています。加齢とともに不眠の頻度は高まり、また、不眠に悩む人は、男性よりも女性に多いといわれています。
国際基準では、「不眠症」とは、下記の3条件をすべて満たす場合をさすとされています。
●入眠障害、中途覚醒、熟眠障害、早朝覚醒のいずれかがあること
●不眠の訴えが週2回以上で、かつ1ヶ月間以上継続していること
●自らが苦痛を感じるか、社会生活または職業的機能が妨げられていること
これに対して、この3条件をすべて満たさない場合に、「不眠」とよばれます。 例えば、入眠障害、中途覚醒、熟眠障害、早朝覚醒のいずれかがあったとしても、それが週1回であれば、「不眠症」の範疇には含まれないということです。 また、一度は寝たけれど何かの物音で目を覚ましてしまいその後眠れなかった、昼寝をしようとしたけれど眠れなかったというような一過性のものは不眠であり、不眠症とは呼びません。

【不眠の原因】

眠れないことには、一過性の不眠や継続的な不眠症がありますが、それぞれには、さまざまな原因があり、眠れないことを解消するためには、まずは、その原因をはっきりと認識することが大切です。
●一過性の不眠
・騒音
・長い昼寝によって夜眠れないこと
・重要な会議を控えているなど緊張やストレス
・身体疾患(痛み、かゆみなど)
・就寝直前までテレビやパソコンを見ること
・過度の飲酒
・コーヒーや紅茶など、カフェインの摂りすぎ
・暑すぎる、寒すぎる  等々...
一過性の不眠は誰でも経験のあることですし、数日、睡眠時間が不足することによって、体に大きな悪影響があるわけではありません。それに、そのあと、それまでの睡眠不足を補填するように眠りが深くなるものです。
ただ、眠れないことに対して過剰に心配したり不安に思ったりすると、不眠の原因がなくなったあとも「眠れないこと」に対する不安や恐怖が残り、長期的な不眠症に移行することがあります。このような不眠症のことを「精神生理性不眠症」と呼び、不眠症の中で最も多く見られるものです。
●うつ病による不眠症
うつ病を患っている方の不眠は、うつ病発症の初期の段階から症状が現れることが多く、「早朝覚醒」が特徴的で、また就寝後2、3時間経ってから目が覚める「中途覚醒」も増えてきます。さらに、不眠の症状と過眠の症状のいずれもが生じることもあります。 もちろん、不眠の症状があるからといって、うつ病とは限りません。ただ、不眠が2週間続くとうつ病の疑いが高く、この「2週間」という数字がひとつのバロメーターになっています。 うつ病では、抑うつ感、頭痛や便秘、食欲や性欲・意欲の低下などの症状が現れることがありますが、内科系の症状が複数生じることから内科にて診察を受け、うつ病であると診断されない(見落とされる)こともあるようです。 したがって、受診の際には不眠の症状があることをはっきりと伝え、うつ病であるとすれば、うつ病としての治療を受けることが重要です。 重度のうつ病では気分の落ち込みが激しく、将来に対する絶望感などから自殺行為に至ることもありますので、早めに専門医の診断を受けることが大切です。
●ストレス、イライラによる不眠・不眠症
私たちは日常生活においてストレスを受けりイライラしたりすると、緊張したり興奮したりします。すると、これらは脳にとって”強い覚醒刺激”となります。 そのため、就寝の際にストレスが解消できていない状態にあると、なかなか眠りにつけないということがあります。眠ることができなければストレスが助長され、悪循環に陥ることもあります。 ストレスが解消されていない状態というのは、以下のようなものです。
・仕事や勉強などで心身が緊張している状態をゆるめることができていない。
・不安や悩みがあって、それらが頭から離れない。
・翌日の仕事などに意識が向いてしまい、頭の切り替えができない。
・何かに腹を立てたり、イライラしている。
・すごく興奮している、イライラしている。  等々... このようなストレスあイライラによる不眠は、最初のうちは一過性であり一時的なものです。ところが、ストレスの元がなくなったとしても眠れないことを過度に意識して、眠ろうとすればするほど眠れなくなってしまい不眠が長期間に至ることがあります。 このような不眠症のことを「精神生理性不眠症」と呼び、不眠症の中で最も多く見られるものです。 不眠にはさまざまな原因がありますが、その大半は、ストレスのために就寝前にリラックスできていないことによるものです。 つまり、寝付きが悪い、あるいは眠れないというのは、ほとんどの場合、ストレスがあるために体をリラックスさせることができず、その結果、脳や体が覚醒から睡眠へ移行できないために生じます。 逆に、就寝前に心身ともにリラックスできれば、私たちの体は眠りへの準備が整い、うまく眠りにつくことができます。
●不安による不眠・不眠症
人間、生きていれば、いろいろな不安材料が出てくるものです。お金がない、病気になるかもしれない、仕事がうまくいかないかもしれない、受験に失敗するかもしれない、大会でミスをおかすかもしれない...などなど。考えればきりがありません。 不安がまったくない人というのは、そうはいないと思います。みんなが、それぞれの立場でそれぞれの不安を持っているのではないでしょうか? ただ、不安があっても、それが元で眠れなくなる人と、そうでない人がいます。もちろん、不安にも程度があり、大きな不安材料を抱えている人と、不安材料が小さい人がいると思います。 そうはいっても、非常に大きな不安材料があるにもかかわらず、ケロッとしている人もいれば、外から見れば大したことないと思えるようなことで強い不安を持ち、それが元で寝つきが悪くなっている人もいます。 このようなことは性格によるところが大きいでしょう。神経質な人ですと、そのことばかりで頭がいっぱいになってしまうということがあります。これに対して、言葉は悪いですが、神経が図太い人でしたら、ほとんど気にも留めません。 不安が原因で不眠になっている方は、そもそもの不安材料を解消できればよいのですが、それができないからといって、性格を変えるというのも簡単なことではありません。 ただ、不安への上手な対処法を知っておけば、不安によって眠りが妨げられてしまうことを抑えることができると思います。
●自律神経の乱れや自律神経失調症による不眠
自律神経は、「交感神経」と「副交感神経」の2つから成り立っています。それらは一方が働いているときはもう一方が休んでいるというように、互いに切り替わりながら機能していて、交感神経が優位に働くと体が緊張状態で活動的になり、副交感神経が優位になるとゆったりリラックスするという仕組みになっています。 交感神経は、仕事や勉強など、活発に活動しているときに機能します。つまり、脳や体を緊張状態にすることで、日中さまざまな活動ができるのです。これに対して副交感神経は、のんびりとリラックスしているときに機能します。 私たちが就寝するときには、体をそれまでの活動モードから休息モードに切り替える必要があり、これは、交感神経の働きを抑えて副交感神経を優位に働かせることに相当します。つまり、副交感神経が機能するようになることで、私たちの体は、眠りに対して準備がなされるのです。 したがって、うまく寝付くためには、就寝前に体をリラックスさせ、交感神経の働きを鎮めて副交感神経の働きを高めることが必要です。 反対に、夜、頭や体をうまくリラックスすることができないと、交感神経が働いたままとなり、横になってもなかなか寝付くことができないということになってしまいます。 では、なぜ、うまく頭や体の緊張を緩めることができないことが生じるのでしょうか? それは、多くの場合、「ストレス」に原因があります。ストレスがあるために体をリラックスさせることができず、その結果、交感神経の働きを鎮めることができなくなり、体が眠りへの準備を整えることができないのです。 ここでいうストレスとは、具体的には以下のようなものです。 ・仕事や勉強などで心身が緊張している状態をゆるめることができない。 ・不安や悩みがあって、それらが頭から離れない。 ・翌日の仕事などに意識が向いてしまい、頭の切り替えができない。 ・何かに腹を立てたり、イライラしている。 ・すごく興奮している。  等々... このようなストレスは自覚できれば早急な対処もできるのですが、意外と自分ではわかりづらいものです。理解しやすいように身体面についてお話ししますと、私たちは、筋肉に力が入ったり抜けたりするという相対的な変化はうまく捉えることができます。しかし、今、力が入っているのかどうかという絶対的なものは認識しづらいという性質があります。 つまり、筋肉に力が入っているとしても、そのことを自覚しづらいのです。たとえば、肩に力が入っている方をたまに見かけますが、本人は自分の肩に力が入っていることには気づいていないものです。 このようなことは身体面だけではなくて精神面でも同じで、継続的に大きなストレスがかかっているのに、本人はその自覚がないということがよくあります。周りの人が「ストレスがあるんじゃない?」と心配になって聞いても、本人は、「別にないですよ」と答えるのです。
●肩こりによる不眠
肩こりの原因はひとつではなく、以下のようなものがあります。このうちのいずれかによって肩こりになることもありますが、複数の要因が絡み合って起こることも少なくありません。
1、頚椎部や肩甲骨部の角度が悪く、周辺の筋肉が過度に緊張し、神経を圧迫あるいは血液循環を悪くしていること
2、枕が体に合っておらず、寝ているときの姿勢が悪く、頸椎部などに不自然な力がかかっていること 3、ストレスなどによる精神的な緊張があり、首周辺の筋肉が過剰に緊張していること
4、首周辺の筋肉の疲労や冷え
5、首の神経に何らかの異常があること はじめに「肩こりによる不眠」と表現しましたが、肩こりを起こす原因があり、それが不眠も同時に引き起こしているというのが実際のところです。
●加齢による不眠
私たちの睡眠は、加齢とともに大きく変化します。子どもの頃や10代、20代では一般的に寝付きがよく、かつ深い眠りをとることができます。いわゆる「爆睡」ができるのもこの頃です。 30代になると、徐々に深い眠りがとれなくなっていき、爆睡することができなくなります。ただ、この変化は、まだほとんど自覚できない程度です。とはいえ、寝不足のときにまとめて休息をとって一気に疲労を回復するというようなことはできにくくなります。 40代以降になると睡眠に対する満足度が低下し、50代以上では睡眠障害を訴える人が多くなります。 そして、60代以上の高齢者になると、睡眠に以下のような特徴が現れる傾向にあります。
・寝付きが悪くなる(入眠困難)
・深い眠りがとれなくなり、眠りが浅くなる(熟睡困難)
・夜中に何度も目が覚める(中途覚醒)
・朝早く目が覚める(早朝覚醒)、睡眠時間が短くなる
・眠りの時間帯が早くなる(早寝早起きになる)
若年者は、就寝後10分程度で浅い眠り(ノンレム睡眠の段階1、段階2)から深い眠り(ノンレム睡眠の段階3、段階4)へと移行し、段階4まで進むのに30分程度しか要しません。ノンレム睡眠の段階4が30分ほど続いた後、眠りが浅くなってレム睡眠に移行します。通常、このサイクルを一晩のうちに4、5回繰り返します。 一方、高齢者は、入眠まで40分ほど要します。しかも、ノンレム睡眠の段階4まで進まずに、段階2あたりをうろうろします。また、若年時には睡眠の後半にレム睡眠(浅い眠り)が多く出現していたのが、高齢になるとレム睡眠の出現が眠り全体の中で平均化していきます。つまり、若い頃に比べて深い眠りが減少してくるのです。 布団やベッドの中にいる時間に対する実際に眠っている時間の割合を「睡眠効率」と呼びます。30代ではこれが100%に近いのに対して、 高齢者になると約70%にまで低下します。寝床で横になっているとしても、若い頃のようには眠りにくくなるのです。 高齢者が眠れなくなることには、以下のようなさまざまな要因があります。
1、睡眠の必要量の減少
定年による退職などによって、一般的に高齢になると、若い頃に比べて日中体を動かすことが減る傾向にあります。そのため、消費するエネルギー量が少なくなり、このことで必要とされる睡眠の量が減り、睡眠時間が短くなります。 若年時に比較して一日の睡眠時間が減るのは自然なことです。睡眠時間が短くなっても日常生活において支障がないようでしたら、とくに心配する必要はありません。
2、一日の最高体温の低下
人間の体温は一日の中で変化し、もっとも低いのは起きる直前です。この頃から次第に体温が上昇し、夜、寝る前にピークを迎えます。そして、これ以降は、体温はだんだんと下がっていきます。 寝るときに体温が下がるのは、体温を下げることでエネルギーの代謝を抑制し、脳を休ませるためです。このときに、人間は眠気を感じます。 ところが、加齢に伴って、1日における最高体温が低くなります。そのため、体温を下げるのに要する時間が短くなり、これがもとで睡眠時間も減少する方向に進みます。
3、体温の日変動サイクルのズレ
高齢になると、一日の中での体温変化のサイクルが前にずれます(早くなる)。朝、体温が上昇するときに覚醒するのですが、サイクルが前にずれることで体温上昇の時間帯が早まり、朝早くに目が覚めるようになります。
4、メラトニンの減少
睡眠を促す働きがあるホルモンに「メラトニン」というものがあるのですが、高齢になると、メラトニンの分泌量が減少します。このことにより、夜、眠れにくくなります。 頻尿 レム睡眠時に尿意を催すと簡単に目が覚めてしまい、中途覚醒につながります。
5、持病
高齢者は、眠れなくなったり眠りの持続を妨げたりする慢性的な病気にかかっていることが多くあります。たとえば、以下のようなものです。 ・関節痛や筋肉の痛み : 痛みのため、眠れにくくなってしまいます ・前立腺肥大 : 頻尿になります ・認知症 : 錯乱や暗闇に恐怖を覚える症状(日没症候群と呼ぶ)を伴うこともあります ・うつ病 : 高齢者に多いうつ病は、不眠の原因になります。
6、過剰な昼寝
退職で会社に行くことがない、また生活上の刺激が少ないなど、昼寝ができやすい環境にあるため、ついつい日中眠ってしまいがちになります。長い昼寝をすると、夜の寝つきの悪さにつながります。とくに、夕方に寝ると、夜、なかなか寝付けなくなってしまいます。
7、寝室の環境が適切でない
眠りが浅くなるために、若い頃は気にならなかったようなことが気になるようになります。たとえば、寝具の状態(寝心地の悪さ)、騒音、光などです。
8、カフェイン摂取
高齢になると、若い時よりも、カフェインの覚醒作用の影響を受けやすくなります。 薬の服用 年をとると薬の作用が強くなり、悪夢を見たり、眠れなくなったりすることがあります。反対に、過度の眠気に襲われることもあります。現在服用中の薬によって眠りに対して好ましくない影響が生じている場合には、担当の医師に相談することが必要です。
9、配偶者との死別
配偶者との死別は精神面に非常にダメージが大きく、不眠の原因になることが少なくありません。 以上のように、高齢になるほど眠りを妨げる要因が多くなるのは確かです。ただ、性別による違いがあり、深い睡眠が減るのは男性に多く、女性は若い頃と変わらず深く眠る方も多くいらっしゃいます。また、高齢であっても、日中活発に活動する人は比較的深い眠りを多くとることができます。 とはいえ、加齢に伴って睡眠は変化するものであり、高齢の方が若い頃のようにぐっすりと眠れなくなるのは、ある程度は仕方のないことです。しかし、適切な対処を行うことで、睡眠の状態をよくすることは可能です。 ●女性特有の不眠・不眠症
1、妊娠後期の不眠と眠気
女性は妊娠すると、初期の3ヶ月は、「プロゲステロン」というホルモンの分泌が多くなり、夜よく眠れるようになり、昼間に耐え難い眠気が起こることもあります。妊娠後6ヶ月頃になると、まだプロゲステロンが多いものの、その産生が緩やかになり眠気がおさまってきます。ところが、妊娠9ヶ月頃になると、「エストロゲン」というホルモンの分泌量が増え、反対にプロゲステロンの量が少なくなります。 これによって、出産前の時期は夜の不眠が起こりやすくなります。具体的には、深い睡眠(ノンレム睡眠の第4段階)が減少する、中途覚醒が増える、寝つきが悪くなるといったようなことです。 また、ホルモンの働きのほかにも、出産が近づいてくると、どうしても精神的な疲れや不安が大きくなり、これが眠りを妨げてしまうこともあります。さらに、お腹が大きくなることで寝る姿勢が制限される、腰痛がある、胎動が頻繁に起こることなどから、なかなか寝付けなくなってしまいます。 その一方で、夜にまとまった睡眠を取ることができない影響で、日中、強い眠気を感じるようになることもあります。 このような妊娠初期における過眠や、妊娠後期における不眠は「妊娠随伴睡眠障害」と呼ばれるもので、睡眠障害の範疇に含まれるものです。
2、更年期障害と不眠・不眠症
高齢の女性の中で眠りに対して不満を持っている方が多い理由は、今のところ、はっきりとはわかっていません。しかし、女性が睡眠に対して多くの不満を持ちはじめる時期と更年期が一致していることから、ホルモンの分泌が関係しているという説があります。 更年期になると、卵巣からのホルモンの分泌が低下するため夜間のほてりや発汗などが生じ、このことが原因で夜眠れないようになるというわけです。とくに、中途覚醒が増えます。また、高齢になると、卵巣の老化の影響により、早期覚醒や浅い眠りが多くなる傾向があります。 このような不眠症のことを「閉経時不眠症」と呼び、「月経随伴睡眠障害」の一種です。閉経時不眠症では、比較的長期間にわたって不眠の症状が継続することから、慢性的な不安の症状やうつ病に発展することもあります。 閉経時不眠症は、数ヶ月~数年で自然に消えることが多いのですが、不眠の症状がひどいときには、更年期に減少する「エストロゲン」と「プロゲストロン」を併用投与する「ホルモン補充療法」が効果的です。 眠っているあいだに呼吸が停止する睡眠障害に「睡眠時無呼吸症候群」というものがありますが、これは一般的に男性に多く見られ、女性にはあまり見られません(睡眠時無呼吸症候群の詳細は、「睡眠時無呼吸症候群」をご参照願います)。この理由は、女性ホルモンに関係しているといわれています。そのため、女性でも生理がなくなり女性ホルモンが少なくなると、睡眠時無呼吸症候群のリスクが高まります。 もう一つ考えられているのは、体内時計の加齢による変化です。女性の体内時計は、加齢によって前にずれる(早くなる)傾向があります。そのため、就寝時刻に変わりがなくとも起床時刻が早くなり、この早朝覚醒によって睡眠への満足感が減少するというものです。 ですので、とくに年輩の男性の方にお願いいたします。奥さんがよく眠っているように見えても、実は不眠で悩んでおられるかもしれません。もし、奥さんが眠りについて悩んでおられるようでしたら、「よく寝てるよ」などと冷たく突き放さずに、女性の睡眠についてよく理解してあげてください。

【不眠の対策】

平成12年から推進されている「21世紀における国民健康づくり運動(健康日本21)」において、睡眠について具体的な目標が掲げられ、対策が進められています。 このような中、より充実した睡眠についてのわかりやすい情報を提供することを目的に、健康日本21の睡眠について設定された目標に向けて具体的な実践を進めていく手だてとして、平成15年3月に厚生労働省にて「健康づくりのための睡眠指針」が策定されました。 本指針は、成人を対象として、睡眠の問題を予防・改善するための情報を7つの柱として整理したもので、個人個人の自己選択に基づいて、本指針に示すような生活習慣の工夫が推奨されています。 それぞれの柱の中の各フレーズから、自らの生活の中に取り入れられそうなものを自分の生活に合わせて実践なさってみて下さい。
1、快適な睡眠でいきいき健康生活
・快適な睡眠で、疲労回復・ストレス解消・事故防止 ・睡眠に問題があると、高血圧、心臓病、脳卒中など生活習慣病のリスクが上昇
・快適な睡眠をもたらす生活習慣   
~定期的な運動習慣は熟睡をもたらす   
~朝食は心と体のめざめに重要、夜食はごく軽く
2、睡眠は人それぞれ、日中元気はつらつが快適な睡眠のバロメーター
・自分にあった睡眠時間があり、8時間にこだわらない
・寝床で長く過ごしすぎると熟睡感が減る
・年齢を重ねると睡眠時間は短くなるのが普通
3、快適な睡眠は、自ら創り出す
・夕食後のカフェイン摂取は寝付きを悪くする
・「睡眠薬代わりの寝酒」は、睡眠の質を悪くする
・不快な音や光を防ぐ環境づくり、自分にあった寝具の工夫
4、眠る前に自分なりのリラックス法、眠ろうとする意気込みが頭をさえさせる
・軽い読書、音楽、香り、ストレッチなどでリラックス
・自然に眠たくなってから寝床に就く、眠ろうと意気込むとかえって逆効果
・ぬるめの入浴で寝付き良く
5、目が覚めたら日光を取り入れて、体内時計をスイッチオン
・同じ時刻に毎日起床 ・早起きが早寝に通じる
・休日に遅くまで寝床で過ごすと、翌日の朝がつらくなる
6、午後の眠気をやりすごす
・短い昼寝でリフレッシュ、昼寝をするなら午後3時前の20~30分
・夕方以降の昼寝は夜の睡眠に悪影響
・長い昼寝はかえってぼんやりのもと
7、睡眠障害は、専門家に相談
・睡眠障害は、「体や心の病気」のサインのことがある
・寝付けない、熟睡感がない、充分眠っても日中の眠気が強い時は要注意
・睡眠中の激しいいびき、足のむずむず感、歯ぎしりも要注意です。

鍼灸治療コース 鍼灸で心身へのご堪能を…

局所鍼灸
50分
【診療内容】カウンセリング(医療面接)&局所鍼灸&清和式整体
  【料金】¥5,000(税込)
※局所鍼灸50分のながれ
お忙しい方や、気になるポイントに対して集中して治療してもらいたい方におすすめです。各局所の痛みを取る目的に、直接治療を行い、痛みを出している周辺組織を刺激し回復をうながします。ツボや経絡より筋肉や神経を治療する事になり、痛みの軽減が得られる為に肩こり、腰痛、ひざ痛、手首の痛み、腱鞘炎、五十肩などの急性痛及び慢性痛などにも適応しております。
全身調整鍼灸
110分
【診療内容】カウンセリング(医療面接)&全身調整鍼灸&清和式整体
  【料金】¥10,000(税込)
※全身調整鍼灸110分のながれ
仰向け&うつ伏せの置鍼法と呼ばれる鍼を刺したまま、しばらく置いた状態にする方法で鍼灸治療と温灸による全身ケア、全身をアプローチ致し,自律神経・ホルモンバランス・免疫力、筋緊張の緩和・血流量の改善・損傷部位の修復を促します。末梢神経系の広範囲の強いしびれの症状や内臓系からの原因に由来する全身症状、さらに心因的な影響により、一連の医療機関での諸検査では認識が難しい様々な自覚症状に対してもおすすめです。
【吉祥寺 不眠】02【吉祥寺 不眠】03【吉祥寺 不眠】04【吉祥寺 不眠】05
鍼灸治療の効果は各局所の痛みを取る目的に、直接治療を行い、痛みを出している周辺組織を刺激し回復をうながします。ツボや経絡より筋肉や神経を治療する事になり、痛みの軽減が得られます。置鍼法と呼ばれる鍼を刺したまま、しばらく置いた状態にする方法で鍼灸治療と温灸による全身ケア、全身をアプローチ致し,自律神経・ホルモンバランス・免疫力、筋緊張の緩和・血流量の改善・損傷部の修復を促します。
※鍼灸治療とは

オプション 併用することでさらに効果が期待できます。

皮内鍼4ヶ所
¥1,000(税込)
【吉祥寺 不眠】皮内鍼
 東洋医学療法の代表的な鍼で、皮内針療法とは、極めて細いハリを用い、その先端を皮内に刺し、絆創膏などで固定するだけの簡便な方法です。局所に貼ることによって、安全に鎮痛効果を長時間維持させる事が出来き、速効性があるため疼痛性疾患に幅広くつかわれています。特に私たちの日常生活の中で首こり、肩こり、腰痛、筋肉痛、腱鞘炎、手足や膝の痛みなどの鎮痛効果と局所の阻血状態(コリ)の緩和に幅広く使用されております。
耳つぼ1set
¥1,000(税込)
【吉祥寺 不眠】耳つぼ
 耳には全身のツボがあり、体の不調の反応が耳に現れやすいです。そして体のわるい部分と耳の反応点とは関連性が高いことが知られています。
耳鍼は体の具合にあわせて耳に細く短い鍼をすることで、その反応点を刺激する療法です。
 効果については一般的には痩身が知られており、人によっては関節の痛みや体の不調に効果が期待できます。当院では主に痩身目的でのご来院が主ですが痩身の場合、耳鍼だけでやや不十分で、体全体を整えるのが理想です。
一つのツボに固定するのではなく、いくつかの反応点を交互に使う場合もあります。約7日程度、鍼を固定し交換するのが理想です。ダイエット目的にもおすすめです。(1セット追加毎でプラス¥500)  
※耳つぼダイエットについて
チャクラストーン
¥1,000(税込)
【吉祥寺 不眠】チャクラ
 スピリチュアルな7つあるチャクラにカラフルなチャクラストーンで貴方の苦痛の原因となるネガティヴな心理状態を緩和させます。
 当院のチャクラストーンは通常のストーンセラピーと違い、どのタイミングでどのストーンが異常を示すのかを検知し、数分毎にリアルタイムに浄化させながら、どの部分が原因なのかお知らせします。臨床的にはメンタル系の症状や過剰なPC作業が多い方に広範囲にチャクラの低下が認められ、浄化する回数も多い傾向のようです。
 またチャクラを整えるだけで不思議と肩こりが緩和される現象も認められます。いわゆる肉体的・運動的とは別に存在する心因的な要素による肩こりと言えるでしょう。
※チャクラについて

このような症状の方がご来院されています。

心の症状
※イライラ
※不眠
※自律神経失調症
※神経症・ノイローゼ
※うつ病
  【携帯用予約】 吉祥寺の清和針灸接骨院 予約フォーム
吉祥寺の清和針灸接骨院 おすすめキャンペーン
吉祥寺で鍼灸なら清和針灸接骨院
吉祥寺で美容鍼灸なら清和針灸接骨院
吉祥寺でダイエットなら清和針灸接骨院
吉祥寺で整体なら清和針灸接骨院
吉祥寺の清和針灸接骨院 各症状検索
吉祥寺でオーラソーマならアーマテラス
吉祥寺でヒーリングならアーマテラス
吉祥寺でフェイシャルならアーマテラス
吉祥寺でトリートメントならアーマテラス
吉祥寺でアロマならアーマテラス
吉祥寺の清和針灸接骨院 院長紹介
吉祥寺の清和針灸接骨院 スタッフ紹介
吉祥寺の清和針灸接骨院 ホリスティックについて
吉祥寺の清和針灸接骨院 吉祥寺めぐり
吉祥寺のフェイシャル アーマテラス
吉祥寺の鍼灸なら清和針灸接骨院 アメブロ 吉祥寺のアロマ,フェイシャル,オーラソーマ,ヒーリングならアーマテラス アメブロ
 吉祥寺の鍼灸なら清和針灸接骨院 楽天ブログ 吉祥寺のアロマ,フェイシャル,オーラソーマ,ヒーリングならアーマテラス 楽天ブログ
吉祥寺の鍼灸なら清和針灸接骨院 吉祥寺ブログ 吉祥寺のアロマ,フェイシャル,オーラソーマ,ヒーリングならアーマテラス 吉祥寺ブログ
吉祥寺の鍼灸なら清和針灸接骨院 ライブドアブログ 吉祥寺のアロマ,フェイシャル,オーラソーマ,ヒーリングならアーマテラス ライブドアブログ
吉祥寺の鍼灸なら清和針灸接骨院 ツイッター 吉祥寺のアロマ,フェイシャル,オーラソーマ,ヒーリングならアーマテラス ツイッター
吉祥寺の清和針灸接骨院 アイフォン&携帯用HP
整体 フェイシャル
清和針灸接骨院携帯用HP アーマテラス携帯用HP
清和針灸接骨院Yahoo!ロコ
大きな地図で見る

携帯Qコード
http://seiwa.soregashi.com seiwa21@live.jp TEL:0422-27-2743

吉祥寺の清和針灸接骨院 清和針灸接骨院 facebook
清和針灸接骨院 facebook

バナーを作成
当院にご来院されるJR中央本線ご利用の方は 東京,神田,御茶ノ水,水道橋,飯田橋,市ヶ谷,四ツ谷,信濃町,千駄ヶ谷,代々木,新宿,大久保,東中野,中野,高円寺,阿佐ヶ谷,荻窪,西荻窪,吉祥寺,三鷹,武蔵境,東小金井,武蔵小金井,国分寺,西国分寺,国立,立川,日野,豊田,八王子,西八王子,高尾から来院されています。
当院にご来院されるJR総武線ご利用の方は、千葉,西千葉,稲毛,新検見川,幕張,幕張本郷,津田沼,東船橋,船橋,西船橋,下総中山,本八幡,市川,小岩,新小岩,平井,亀戸,錦糸町,両国,浅草橋,秋葉原,御茶ノ水,水道橋,飯田橋,市ケ谷,四ツ谷,信濃町,千駄ケ谷,代々木,新宿,大久保,東中野,中野,高円寺,阿佐ケ谷,荻窪,西荻窪,吉祥寺,三鷹から来院されております。
当院にご来院される京王井の頭線ご利用の方は、渋谷,神泉,駒場東大前,池ノ上,下北沢,新代田,東松原,明大前,永福町,西永福,浜田山,高井戸,富士見ヶ丘,久我山,三鷹台,井の頭公園,吉祥寺から来院されております。
当院にご来院されるJR山手線ご利用の方は、東京,有楽町,新橋,浜松町,田町,品川,大崎,五反田,目黒,恵比寿,渋谷,原宿,代々木,新宿,新大久保,高田馬場,目白,池袋,大塚,巣鴨,駒込,田端,西日暮里,日暮里,鶯谷,上野,御徒町,秋葉原,神田から来院されています。
当院にご来院される西武新宿線ご利用の方は、西武新宿,高田馬場,下落合,中井,新井薬師前,沼袋,野方,都立家政,鷺ノ宮,下井草,井荻,上井草,上石神井,武蔵関,東伏見,西武柳沢,田無,花小金井,小平,久米川,東村山,西武園,所沢,航空公園,新所沢,入曽,狭山市,新狭山,南大塚,本川越から来院されています。
当院にご来院される西武池袋線ご利用の方は、池袋,椎名町,東長崎,江古田,桜台,練馬,豊島園,中村橋,富士見台,練馬高野台,石神井公園,大泉学園,保谷,ひばりケ丘,東久留米,清瀬,秋津,所沢,西所沢,小手指,狭山ヶ丘,武蔵藤沢,稲荷山公園,入間市,仏子,元加治,飯能から来院されています。
当院にご来院される京王線ご利用の方は、新宿,初台,幡ヶ谷,笹塚,代田橋,明大前,下高井戸,桜上水,上北沢,八幡山,芦花公園,千歳烏山,仙川,つつじヶ丘,柴崎,国領,布田,調布,西調布,飛田給,武蔵野台,多磨霊園,東府中,府中競馬正門前,府中,分倍河原,中河原,聖蹟桜ヶ丘,百草園,高幡不動,多摩動物公園,南平,平山城址公園,長沼,北野,京王八王子
当院にご来院される地域の方は麻布,青山,表参道,代官山,六本木,自由が丘,元町,足立区,荒川区,板橋区,江戸川区,大田区,葛飾区,北区,江東区,品川区,渋谷区,新宿区,杉並区,墨田区,世田谷区,台東区,中央区,千代田区,豊島区,中野区,練馬区,文京区,港区,目黒区,昭島市,あきる野市,稲城市,青梅市,清瀬市,国立市,小金井市,国分寺市,小平市,狛江市,立川市,多摩市,調布市,西東京市,八王子市,羽村市,東久留米市,東村山市,東大和市,日野市,府中市,福生市,町田市,三鷹市,武蔵野市,武蔵村山市,神奈川県,埼玉県,千葉県,山梨県などから来院されております。
【吉祥寺にお住まいの皆様へ】
吉祥寺の方でお悩みの不眠の解消は以外とむずかしいです。例えば吉祥寺のご近所には良い不眠専門院がなぁい! じゃ、吉祥寺でチラシ広告なんかに載ってる吉祥寺の不眠専門院に頼んでみようかな~。ついでに、吉祥寺から電車で ちょっと離れた駅にある吉祥寺以外の不眠専門院に問合せてみたら、コレが期待ハズレ・・・orz うーん・・・ どこか吉祥寺以外に良い不眠専門院が見つからないかなぁ・・・ ☆彡そんな吉祥寺で不眠がお困りの方に、当院をご用命してください。もちろん吉祥寺で不眠の鍼灸治療をご希望し吉祥寺で肩こりや腰痛などでお悩みの方にもおすすめします。
●吉祥寺にお住まいの方、お気軽にご連絡ください。

お悩みの症状に対して健康に美しくさらにスピリチュアルに改善させます。

吉祥寺の鍼灸院 清和針灸接骨院では通常の肩こりや腰痛といった、現代医学的治療や美容鍼灸といった美しさを追及するアプローチに加え、皆様の「肉体、精神、霊」的の自立性向上のために従来の鍼灸治療やアロマセラピーに加え、オーラソーマのようなカラーセラピーを導入し、またシータヒーリングなどのメンタル療法に加え、従来のマッサージ・整体のような技術以外の部分にも着目し、ポジティブな環境に配慮した『清和式整体』といった独自の技術で皆様の真なる健康へ自立するための『気づき』の一助になれば幸いと日々願っている次第であります。
 清和針灸接骨院で独自の技術で皆様の真なる健康へ自立するための『気づき』の一助になれば幸いと日々願っている次第であります。
【吉祥寺 不眠】06
【吉祥寺 不眠】07【吉祥寺 不眠】08
【吉祥寺 不眠】youtube
清和針灸接骨院のYoutube動画です。
左の画像をクリックで
動画一覧になっております。
ぜひご覧になってください。

清和針灸接骨院の概要

【アクセス】

JR中央線・総武線/京王井の頭線 吉祥寺(北・中央口)駅を
左に出て徒歩5分にある中道通り商店会の中にある
吉祥寺本町二郵便局向かいの吉祥寺グリーンハイツで
BistroTALKBACKさんのお隣2Fです。
バスのご利用の方 三鷹・吉祥寺循環(6号路線)停留所:14 本町2丁目

【診療時間】

10:00~19:00

【休診日】

不定休(土曜午後・日曜・祝日も診療しております)

【所在地】

〒180-0004 東京都武蔵野市吉祥寺本町2-24-6-202
Tel:0422-27-2743 詳細のアクセスのページはこちらをクリック Google Map Yahoo!  
【吉祥寺 不眠】09
【吉祥寺 不眠】10【吉祥寺 不眠】11【吉祥寺 不眠】12
【吉祥寺 不眠】清和針灸接骨院 map【吉祥寺 不眠】13
吉祥寺の方でお悩みの不眠の解消は以外とむずかしいです。例えば吉祥寺のご近所には良い不眠専門院がなぁい!
じゃあ、吉祥寺でチラシ広告なんかに載ってる吉祥寺の不眠専門院に頼んでみようかな~。
ついでに吉祥寺から電車でちょっと離れた駅にある吉祥寺以外の不眠専門院に問合せてみたら、コレが期待ハズレ・・・orz
うーん・・・どこか吉祥寺以外に良い不眠専門院が見つからないかなぁ・・・
☆彡そんな吉祥寺で不眠がお困りの方に、当院をご用命してください。
もちろん吉祥寺で不眠の鍼灸治療をご希望し吉祥寺で肩こりや腰痛などでお悩みの方にもおすすめします。
●吉祥寺にお住まいの方、お気軽にご連絡ください。
Yahoo!ブックマークに登録
copyright©2013 清和針灸接骨院 all rights reserved