×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

吉祥寺で足裏の症状なら 清和針灸接骨院 0422-27-2743

吉祥寺で足裏の症状なら 清和針灸接骨院01
トップ メニュー ご予約 ご挨拶 お知らせ アクセス リンク
清和針灸接骨院トップページ → メニュー → 鍼灸治療について → 足裏の症状について

吉祥寺で足裏の症状なら 清和針灸接骨院

足裏の症状について

【足裏の症状とは】

 一般的に足裏は第二の心臓といわれていて、足裏には無数のツボが存在し、足裏を調べるだけでそのそのときの病気、体調がわかるといわれています。とはいっても足裏の感覚はそこまで敏感のものではありませんね。特に顔や手などと比べると、痛みの感じ方が全然違いますが、そんな足裏にも違和感や痛みを感じることがあります。 歩くときに足裏に違和感を感じる。痛いような感覚もある。足裏のあちこちが膨れているような感覚がある。足の裏に皮膚がもう一枚かぶさっているような感覚がある。足裏に大豆粒状のものが有るような違和感があるなど、各種症状や感じ方はさまざまです。
【足裏が熱い】
 熱い足裏 足裏が熱い、と感じることがありますか。 夜、足裏が熱いために、よく眠れない、という話を耳にすることがあります。 足裏が熱いと、原因がわからないので、取り敢えず、冷湿布をしてみる方が多いようです。 それでも、一向に効果が現れず、「もしや悪い病気では?」と不安でいっぱいになってしまいます。 実は、血流や血行の循環が悪いと、足裏が熱い症状が出ることがあります。 一般的には、血流や血行の悪さは、冷え性になると考えられがちです。 しかし、人によっては、足裏に熱っぽさとなって、症状が現れることがあるそうです。 また、熱いだけではなく、足裏にむくみを生じて、重苦しさなども感じるようです。 ひどい時は、立ったり座ったりするときにさえ、足首から下が重苦しかったり、歩くのがつらいこともあります。熱い足裏が、血行や血流の悪さが原因なら、食生活の改善も必要です。 適度な運動や十分な睡眠をとること、食べ過ぎや飲み過ぎを止めて、健康な食生活を心がけましょう。 血行を良くするためには、玉ねぎと納豆がお勧めです。 玉ねぎは、生で食べると、血液中のブドウ糖の代謝を促進します。 また、納豆に含まれる酵素「ナットウキナーゼ」は、人工血栓を溶解する作用があります。 EPAとDHAを多量に含有するイワシ、アジ、サバ、サケ、マグロなどは、悪玉コレステロールや中性脂肪を減少させます。 野菜類に含まれるポリフェノールは、血管中のコレステロールの酸化を防ぎ、血管の老化を防止します。 食生活を正して、体の内側から、血行や血流を促進し、熱い足裏の原因を改善しましょう。
【足裏の違和感】
手や顔ほど、足裏の感覚は敏感ではありません。 ところが、その鈍感な足裏に違和感を感じることもあります。 違和感の表現の仕方は、人によって多種多様です。 一番多く聞かれるのは、「足裏に皮膚がもう一枚かぶさっている」という表現です。 特別な何かをしたわけでもないのに、足裏の感触がいつもと違うような気がしますか。 それとも、足裏に触ったときの感覚が鈍いように感じますか。 また、足の指が動かしにくいとか、スムーズに歩けないことがありますか。 このように、足裏に違和感を感じる場合は、末梢神経に何か問題があるのかもしれません。 足からの感覚を脳に伝建する神経で、体から最も遠い足裏の末梢神経に異常があると考えられます。ジンジンする、ムズムズする、ビリビリするなどの違和感が、足裏に出ると、多発神経炎という病気が疑われます。 多発神経炎は、多発ニューロパチーと呼ばれることもある、末梢神経が左右対称に冒される病気です。 多発神経炎は、両足や両手の感覚が低下して、違和感やしびれ、痛みなどの症状が現われます。 神経の障害が、主に感覚異常の場合は、感覚障害優位型の多発神経炎です。 他に、運動障害が主となる運動障害優位型、混合型などもあります。 最近の日本では、糖尿病患者の増加と共に、糖尿病性多発ニューロパチーが増える傾向にあります。 従って、足裏に違和感やしびれ、痛みなどを感じる場合は、糖尿病の合併を調べることも必要となります。足裏の違和感が多発神経炎によるものであれば、糖尿病の他にも、色々な原因が考えられます。 例えば、血管炎や膠原病、ビタミンB1の欠乏が原因となっていることもあります。 また、人工透析や胃の手術、はしかや風疹の予防接種、偏食、アルコールの大量摂取などが原因になる場合もあります。 時には、農薬や工場などで使われる有毒な薬剤による中毒の可能性もあります。 治療法は、原因となっている病気によって異なります。 糖尿病性多発ニューロパチーなら、血糖値をコントロールすることが最も大切な治療です。 足裏の違和感や痛みなどの対症療法としては、非ステロイド系消炎鎮痛薬などが投与されるそうです。
【足裏のしびれ】
誰でも一度くらいは、足裏のしびれを経験したことがあるのではないでしょうか。 正座をしているときの、あのジンジンとする感じが、足裏のしびれです。 長時間正座をした後には、立ち上がろうとしても、足が動かせないくらいにしびれてしまっていることもあります。 このように、感覚や痛みなどがわかりにくい状態は感覚低下、足が動かせないことは麻痺と呼ばれます。 病気が原因となって、足裏のしびれが現れることもあります。 椎間板ヘルニア、腰椎分離すべり症、坐骨神経痛 などの病気が、足裏にしびれや痛みをもたらすこともあります。 また、糖尿病の前駆症状のひとつとなっている可能性もあります。気による足裏のしびれは、人によって感じ方や症状が異なります。 例えば、足裏に薄紙を一枚貼っているような感覚とか、何かが貼りついている感じと表現する人もいます。 歩く時に、砂利の上や砂の上を歩いているみたいだと訴える人もいます。 腫れやむくみがある、水が溜まっていると言う人もいます。 正座をしたときのような、ジンジンする足裏のしびれではない、違和感や知覚異常の症状が特徴です。 これらの足裏のしびれは、ストレスを感じやすい人に多く見られるそうです。
 また、加齢とともに増える傾向があります。 このような場合、病院で、針や刷毛などでの検査を行っても、大抵は、知覚鈍麻は見られないようです。女性は、更年期のホルモンの変化が、足裏のしびれと深く関係していることがあります。 ストレスのような心理面での要素が、感覚に大きな影響を及ぼすことも少なくありません。 この場合、足裏の皮膚や深部の感覚受容器に問題があり、左右対称に症状が現れることが多いそうです。 立ち上がった時や歩行時に、しびれや痛みが出たり、押すと痛みがあるのが特徴です。
【足裏の臭い】
靴で足が蒸れると、靴を脱ぐと、プーンと嫌な臭いが漂ってきます。 足裏は、体の中でも、元々汗をかきやすい場所です。 ですから、長時間靴を履いたままでいたり、ブーツで密閉されていたら、蒸れるのは当然の原理です。 皮膚には、「エクリン腺」「アポクリン腺」という汗を出す汗腺と、皮脂を出す「皮脂腺」が存在します。 足裏にはおよそ200万個もの汗腺があり、特にエリクソン腺が多く集まっています。 足裏だけで、1日にコップ1杯分近い汗をかくと言われています。 エリクソン腺から出る汗そのものは、ほとんど無臭です。 臭いの原因は、足裏に生息する皮膚常在菌です。 皮膚常在菌が、汗を脂肪酸に分解して、あの臭いの源を作っているのです。 また、この細菌は、剥がれ落ちた角質を栄養源として増殖します。 蒸れて湿っぽく、温かくなると、細菌が増殖しやすい環境を作り、ますます増殖します。 増殖した細菌に、皮脂腺の分泌物が加わって、悪臭を放ちます。足裏の多汗は、臭いだけでなく、皮膚病を発症する原因も作る場合があります。 足裏の皮膚病として代表的なものに、白癬菌による皮膚感染症があります。 皮膚感染症は体の部位によって呼び方が異なり、足裏の場合は、水虫と呼ばれます。 水虫が、足裏の臭いを強めることが少なくないようです。 足裏の臭いを防ぐためには、清潔にすることが一番です。 そして、もしも、水虫などの皮膚病があれば、きちんと治療することも、重要な臭い対策でしょう。足裏の汗や臭いの対策グッズは、とても種類が豊富です。
それだけ、足裏の汗や臭いで悩んでいる人が多いということでしょう。
【足裏の腫れ】
足裏や足指、手のひらや手指などが、強いかゆみと共に赤く腫れていたら、しもやけの可能性があります。 しもやけの症状には、2つのタイプがあります。 ひとつは、幼児などの子供に多く見られるものです。 赤紫色の発疹が、指や手、足の縁、鼻、耳たぶや頬などに現れるのが特徴です。 もうひとつは、大人に多く見られるしもやけで、足裏や指、足全体などが腫れて膨らんだようになります。 しもやけは、手や足などの体の末端部分や、露出している部分に発症しやすい皮膚の病気です。 ですから、鼻先や耳などは、特にしもやけになり易い場所です。 稀に、露出していた腿や脛などにも、発症することがあるそうです。 赤い腫れやかゆみだけではなく、痛みが現れることもあります。 足裏のしもやけがひどくなると、腫れているため靴が履きにくくなったり、歩く時に痛みが出たりして、つらい思いをします。しもやけで足裏が腫れてかゆみが止まらないと、イライラも募ります。 足裏の腫れやかゆみの対策として、自分でできる方法をご紹介しましょう。 足裏の通気を良くするために、就寝時には、薄手の絹の靴下を着用するのが良いそうです。 また、血行を促進することも大切です。 40℃以下のぬるま湯に、足を浸し、温まった足裏をゆっくりと時間をかけて、マッサージするのも効果があります。 外出する時は、靴下を2枚重ねて履くと、冷えの防止になります。 毎年、同じ時期に、しもやけを発症する人も少なくないようです。 足裏の腫れやかゆみ、痛みは、悪化すると、生活に支障が出ることもあります。しもやけの足裏の腫れやかゆみは、食生活の改善で予防効果があるそうです。 皮膚科では、しもやけの症状にビタミンEが処方されることが多いようです。 ですから、血行を促進する働きのあるビタミンEを食事の中に取り入れ、足裏の腫れやかゆみを予防するように心がけましょう。 ビタミンEは、ビタミンAやビタミンCと一緒に食べると、体内への吸収が、よりスムーズになります。 豆類、緑黄色野菜、油脂性などの食べ物に、ビタミンEが豊富に含まれています。 落花生や大豆、アーモンド、小松菜、ほうれん草、植物油、マーガリン、マヨネーズなどからビタミンEを摂取しましょう。
【足裏のかゆみ】
足裏がかゆくてしかたがなく、かいてもおさまらないことはあります。 これは大抵が水虫だと仮定できます。水虫でない場合は、皮膚のアレルギーだと想定できるでしょう。 水虫といえども、水虫の種類があります。水虫には「小水疱型」「趾間型」「角質増殖型」の3つに分類され、足裏にできたできた水泡が破けて白い皮がめくれたり、脚の指の間が白い水泡ができてそのご赤くなったり、足裏の角質層が硬く厚くなり増殖をくりかえすといったことでできていくのですが、これらの水虫は必ずといっていいほど、足裏にかゆみが生じます。 その原因が白癬菌なのです。 癬はたむしのことで足裏に虫のような菌が沸いているということです。
 また 水虫の以外考えられることもあります。 それは、皮膚のアレルギーが原因とも考えられます。 皮膚の一部分がかゆいとき、ついついかいてしまうことはありますが、足裏でもかゆみが 発生するということもあると思います。 これは、アトピーとまではいかなくても、環境の中で神経質なあまり、かゆみが生じるということはめずらしくはありません。 とくに、足裏は靴の上から靴下を履いていると、靴の手入れで防菌をしていないと、靴下をはいていて、熱でむれてしまい、かゆみが増すといった場合も想定できるでしょう。 では靴下をはかずに自宅にて生活をしていると、家族に水虫がいるとして、水虫の原因は白癬菌ですから、素足で歩いていると、感染するおそれはあります。足裏のかゆみの解消ですが、水虫の場合、医者にいって塗り薬等で治療していくのが一番だと思います。 そして、自宅でも靴下を着用している以外にスリッパを活用すると言った方法が一番だと思います。また入浴中に、足裏をきちんと洗った後、浴槽の中で足裏をマッサージすることも大切だと思います。 また神経的な皮膚のアレルギーの場合だと、氷を包んだタオルで足裏のかゆみを抑えるといった方法もありますし、実は、水で薄めた酢をタオルに含んで治療していくという方法もあります。 水虫も水虫でもない足裏のかゆみは皮膚科のある診療所にて外来し、治していくといった形が一番ふさわしく思います。

鍼灸治療コース 鍼灸で心身へのご堪能を…

局所鍼灸
50分
【診療内容】カウンセリング(医療面接)&局所鍼灸&清和式整体
  【料金】¥5,000(税込)
※局所鍼灸50分のながれ
お忙しい方や、気になるポイントに対して集中して治療してもらいたい方におすすめです。各局所の痛みを取る目的に、直接治療を行い、痛みを出している周辺組織を刺激し回復をうながします。ツボや経絡より筋肉や神経を治療する事になり、痛みの軽減が得られる為に肩こり、腰痛、ひざ痛、手首の痛み、腱鞘炎、五十肩などの急性痛及び慢性痛などにも適応しております。
全身調整鍼灸
110分
【診療内容】カウンセリング(医療面接)&全身調整鍼灸&清和式整体
  【料金】¥10,000(税込)
※全身調整鍼灸110分のながれ
仰向け&うつ伏せの置鍼法と呼ばれる鍼を刺したまま、しばらく置いた状態にする方法で鍼灸治療と温灸による全身ケア、全身をアプローチ致し,自律神経・ホルモンバランス・免疫力、筋緊張の緩和・血流量の改善・損傷部位の修復を促します。末梢神経系の広範囲の強いしびれの症状や内臓系からの原因に由来する全身症状、さらに心因的な影響により、一連の医療機関での諸検査では認識が難しい様々な自覚症状に対してもおすすめです。
吉祥寺で足裏の症状なら 清和針灸接骨院02吉祥寺で足裏の症状なら 清和針灸接骨院03吉祥寺で足裏の症状なら 清和針灸接骨院04吉祥寺で足裏の症状なら 清和針灸接骨院05
鍼灸治療の効果は各局所の痛みを取る目的に、直接治療を行い、痛みを出している周辺組織を刺激し回復をうながします。ツボや経絡より筋肉や神経を治療する事になり、痛みの軽減が得られます。置鍼法と呼ばれる鍼を刺したまま、しばらく置いた状態にする方法で鍼灸治療と温灸による全身ケア、全身をアプローチ致し,自律神経・ホルモンバランス・免疫力、筋緊張の緩和・血流量の改善・損傷部の修復を促します。
※鍼灸治療とは

オプション 併用することでさらに効果が期待できます。

皮内鍼4ヶ所
¥1,000(税込)
鍼灸なら吉祥寺の清和針灸接骨院 皮内鍼
 東洋医学療法の代表的な鍼で、皮内針療法とは、極めて細いハリを用い、その先端を皮内に刺し、絆創膏などで固定するだけの簡便な方法です。局所に貼ることによって、安全に鎮痛効果を長時間維持させる事が出来き、速効性があるため疼痛性疾患に幅広くつかわれています。特に私たちの日常生活の中で首こり、肩こり、腰痛、筋肉痛、腱鞘炎、手足や膝の痛みなどの鎮痛効果と局所の阻血状態(コリ)の緩和に幅広く使用されております。
耳つぼ1set
¥1,000(税込)
鍼灸なら吉祥寺の清和針灸接骨院 耳つぼ
 耳には全身のツボがあり、体の不調の反応が耳に現れやすいです。そして体のわるい部分と耳の反応点とは関連性が高いことが知られています。
耳鍼は体の具合にあわせて耳に細く短い鍼をすることで、その反応点を刺激する療法です。
 効果については一般的には痩身が知られており、人によっては関節の痛みや体の不調に効果が期待できます。当院では主に痩身目的でのご来院が主ですが痩身の場合、耳鍼だけでやや不十分で、体全体を整えるのが理想です。
一つのツボに固定するのではなく、いくつかの反応点を交互に使う場合もあります。約7日程度、鍼を固定し交換するのが理想です。ダイエット目的にもおすすめです。(1セット追加毎でプラス¥500)  
※耳つぼダイエットについて
チャクラストーン
¥1,000(税込)
鍼灸なら吉祥寺の清和針灸接骨院 チャクラ
 スピリチュアルな7つあるチャクラにカラフルなチャクラストーンで貴方の苦痛の原因となるネガティヴな心理状態を緩和させます。
 当院のチャクラストーンは通常のストーンセラピーと違い、どのタイミングでどのストーンが異常を示すのかを検知し、数分毎にリアルタイムに浄化させながら、どの部分が原因なのかお知らせします。臨床的にはメンタル系の症状や過剰なPC作業が多い方に広範囲にチャクラの低下が認められ、浄化する回数も多い傾向のようです。
 またチャクラを整えるだけで不思議と肩こりが緩和される現象も認められます。いわゆる肉体的・運動的とは別に存在する心因的な要素による肩こりと言えるでしょう。
※チャクラについて

このような症状の方がご来院されています。

腰・足の症状
※腰痛について
※腰のヘルニアについて
※ギックリ腰について
※腰の症状について
※膝の症状について
※O脚について
※股関節の症状について
※こむら返りについて
※アキレス腱周囲の痛みについて
※足のしびれについて
※足の冷えについて
※足のむくみについて
※足の疲れについて
※外反母趾について
※足裏の症状について
   【携帯用予約】 吉祥寺の清和針灸接骨院 予約フォーム
吉祥寺の清和針灸接骨院 おすすめキャンペーン
吉祥寺で鍼灸なら清和針灸接骨院
吉祥寺で美容鍼灸なら清和針灸接骨院
吉祥寺でダイエットなら清和針灸接骨院
吉祥寺で整体なら清和針灸接骨院
吉祥寺の清和針灸接骨院 各症状検索
吉祥寺でオーラソーマならアーマテラス
吉祥寺でヒーリングならアーマテラス
吉祥寺でフェイシャルならアーマテラス
吉祥寺でトリートメントならアーマテラス
吉祥寺でアロマならアーマテラス
吉祥寺の清和針灸接骨院 院長紹介
吉祥寺の清和針灸接骨院 スタッフ紹介
吉祥寺の清和針灸接骨院 ホリスティックについて
吉祥寺の清和針灸接骨院 吉祥寺めぐり
吉祥寺のフェイシャル アーマテラス
ameba01 ameba02
 rakuten01 kitizyouziblog02
kitizyouziblog01 twitter03
清和針灸接骨院ライブドアブログ
twitter02
吉祥寺の清和針灸接骨院 アイフォン&携帯用HP
整体 フェイシャル
清和針灸接骨院携帯用HP アーマテラス携帯用HP
大きな地図で見る

携帯Qコード
http://seiwa.soregashi.com seiwa21@live.jp TEL:0422-27-2743

time01
当院にご来院されるJR中央本線ご利用の方は 東京,神田,御茶ノ水,四ツ谷,新宿,中野,高円寺,阿佐ヶ谷,荻窪,西荻窪,吉祥寺,三鷹,武蔵境,東小金井,武蔵小金井,国分寺,西国分寺,国立,立川,日野,豊田,八王子,西八王子,高尾から来院されています。
当院にご来院されるJR総武線ご利用の方は、千葉,西千葉,稲毛,新検見川,幕張,幕張本郷,津田沼,東船橋,船橋,西船橋,下総中山,本八幡,市川,小岩,新小岩,平井,亀戸,錦糸町,両国,浅草橋,秋葉原,御茶ノ水,水道橋,飯田橋,市ケ谷,四ツ谷,信濃町,千駄ケ谷,代々木,新宿,大久保,東中野,中野,高円寺,阿佐ケ谷,荻窪,西荻窪,吉祥寺,三鷹から来院されております。
当院にご来院される京王井の頭線ご利用の方は渋谷, 神泉, 駒場東大前, 池ノ上, 下北沢, 新代田, 東松原, 明大前, 永福町, 西永福, 浜田山, 高井戸, 富士見ヶ丘, 久我山, 三鷹台, 井の頭公園, 吉祥寺から来院されております。
当院にご来院される地域の方は武蔵野市,三鷹市,杉並区,練馬区,西東京市,府中市,小平市,国分寺市,八王子市,中野区,新宿区,世田谷区,神奈川県,埼玉県,千葉県,山梨県などから来院されております。

お悩みの症状に対して健康に美しくさらにスピリチュアルに改善させます

 

吉祥寺で足裏の症状なら 清和針灸接骨院 youtube
そしてよりスピリチュアルな人生を…清和針灸接骨院のYoutube動画清和針灸接骨院のホームページへようこそ!
ぜひご覧になってください。
画面の再生は中央のボタン
全画面の表示は右下側のボタンです。
(PC用のみ)

清和針灸接骨院の概要

【アクセス】

JR中央線・総武線/京王井の頭線 吉祥寺(北・中央口)駅を
左に出て徒歩5分にある中道通り商店会の中にある
吉祥寺本町二郵便局向かいの吉祥寺グリーンハイツで
BistroTALKBACKさんのお隣2Fです。
バスのご利用の方 三鷹・吉祥寺循環(6号路線)停留所:14 本町2丁目

【診療時間】

10:00~19:00

【休診日】

不定休(土曜午後・日曜・祝日も診療しております)

【所在地】

〒180-0004 東京都武蔵野市吉祥寺本町2-24-6-202
Tel:0422-27-2743 詳細のアクセスのページはこちらをクリック  
吉祥寺で足裏の症状なら 清和針灸接骨院 中道通り 吉祥寺で足裏の症状なら 清和針灸接骨院 ご案内マップ
copyright©2012 清和針灸接骨院 all rights reserved